足の寝間着

¥3,190
| /

グリュックントグーテの冬の定番「足の寝間着」は、その名の通り、就寝時に履いていただきたい靴下。休息時や就寝時は、あたたかさとともに靴や靴下の圧迫から足を開放してあげることが大切。指先が靴下の中で遊べるように製作可能な最大寸法をとりました。男女兼用のフリーサイズです。内側は柔らかな肌ざわりが心地よいオーガニックコットン100%、外側はニュージーランド産メリノウール100%の糸を使用しあたたかさをプラス。ゴムが入っていないので、締め付けることなく寝具の中の足をやさしく包み込んでくれます。特に冷える朝晩。お風呂上がりに就寝の方は、就寝までの靴下として。仕事や家事等で足が冷えてしまった夜は、寝間着を履いたまま寝具の中に入ってお休みいただけたらと思います。(その後、足があたたまったら、勝手にお布団の中で足が脱ぐと思います) ボリュームがありますので、ギフトにもおすすめです!

〈足の寝間着について〉
内側オーガニックコットン糸は、持続可能な社会の実現に向けて、フードロス(大量生産、大量消費からでる食品廃棄物=売れ残りや期限を超えた食品ロス)で染めた糸を使用しています。下記、カラーに何で染まっているのか記載していますので、そちらも合わせてお楽しみくださいませ。

ホワイト杢)Organic cotton(内側)/ブルーベリー:果樹園を開墾し自然栽培を促進している堀内果実園より初の土づくりから最後の収穫まで丁寧に扱われているブルーベリー。農場で収穫された時についた傷など売りに出せない規格外品を回収して染めています。内側がほのかなパープルなので、透けてグレーパープルよりのホワイトという感じです。

ジンジャー)Organic cotton(内側)/ 生姜:体の冷えにも効果的な生姜。栽培から生産・製造・出荷までの一貫体制で作りあげられた安心安全な生姜を届ける高知より、成形する際に出る未利用部分を使用して染めています。

スカイブルー)Organic cotton(内側)/ 赤カブ:木曽伝統野菜のすんきを抽出すると綺麗な青色になります。漬物に多用される葉に対して余る赤かぶの実の部分を使用して染めています。植物性乳酸菌の力で発酵させた木曽特有の赤カブは「長野県味の文化財」にも指定されています。冬晴れのぽかぽかした空ような色みです。

ダークオレンジ)Organic cotton(内側)/ ルイボス:南アフリカから輸入された葉を日本で検品後、規格外品を回収して染めています。優しく鮮やかな色で染まります。

チャコールグレー)Organic cotton(内側)/ センブリ:食欲不振の改善に効果がある、日本を代表する薬用植物センブリのエキスを製造する過程で出るでがらしを回収して染めています。

内側/コットン100%(オーガニックコットン使用)
外側/ニュージーランドメリノウール100%
裏糸(伸縮糸) ポリエステルポリウレタン
size Free(男女兼用)
製作 奈良県
税抜 2,900円

〈お洗濯について 〉ネットに入れて洗濯機で洗っていただけます。風合い維持のため、蛍光剤や漂白剤などが入っていないやさしい洗剤が洗っていただくことをおすすめします。

*これまで秋冬だけの展開でしたが、足を出して寝る夏も、足の冷えを感じるようになり、私自身が夏の夜も履くようになったため 通年で展開することにいたしました。お腹と足先をあたためれば、あとは軽装でも夏は大丈夫。毎年冬には新色を出していきますのでそれもお楽しみいただけますように。

Colorをお選びいただくと写真が連動して色みをご確認いただけます。価格は税込みです。

Recently Checked